金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

冬到来!

2016年11月15日

皆様ご無沙汰しております。幻スタッフFでございます。

今年は寒くなるのが例年より早いそうですね~

そしてもうすでにインフルエンザが流行りだしてます。(予防接種はお早めに!)

暖かい日があったり、雨で冷えたりと寒暖差が激しいですので体調管理はお気をつけ下さい。

前置きはこのくらいで・・・

 

冬になると、出てくるのが「甘酒」です!

皆さん飲まれますか?

体を温めるのには重宝します。

 

米麹とお米から作る甘酒が「飲む点滴」として一躍有名になりましたが、割と高価で自分で作るのも麹を手に入れないと作れません。

なので手軽に作るのはお酒を絞った「酒粕」を使うものになってしまいますよね。

市販で売られてるもので簡単に出来ますが、チョッとおいしいのを作りたかったら酒屋さんで売られる酒粕がお勧めです。

 

先日も酒粕を頂いたんですが、そのとき酒粕うんちくを聞きました。

11月~12月初めの頃に出回るものは、標準的なお酒(清酒)の酒粕だそうです。

お酒としては、ザ・普通ですが、酒かすはアルコール含有量が多めでコクがあるものになります。

2月~3月位にかけて出回るものは、高級品のお酒(純米吟醸酒)の酒粕です。

特徴は香りがとてもいいそうですが、淡白でさらっとしてコクはあまり感じないそうです。

この特徴をうまく使い分ければ、甘酒に適している物、粕汁に向いている物で作れます。

アルコールに弱い方や子供さんに使うには、熱してアルコール分を飛ばしてしまえば問題なく使えます。

沸騰させすぎると、酸味が出やすいので気をつけて下さい。

酒粕は苦手な方もいらっしゃると思いますので、アレンジをご紹介いたします。

お味噌汁に入れるんですが、粕汁にはしないで使うお味噌と同量か、それより少なくします。

味に深みが出るのと体が温まります。(我が家では摩り下ろしの生姜をほんの少しいれます)

酒粕は、使う分ごとにサランラップで小分けしてから保存袋(ジップロックなど)に入れ冷凍すれば1年くらい大丈夫と言うことでした。

女性には美肌につながる発酵食品でもあるので、美容と健康のために是非利用して貰えればと思います。

 

こちらの記事もどうぞ