金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

ビワイチ びわこ一周サイクリング~

2016年5月19日

先週は、週のはじめに
とてもイヤな事が起こり
ブルーな日を過ごしていたのですが、
週末に一泊二日でビワイチに出かけ、

少し元気を取り戻した自販機のあーるです。

今年もビワイチへGO!!

ビワイチ‥
琵琶湖一周サイクリングのことですね〜
子どもが所属する団体が、
ほぼ毎年計画するので
もう何回目だろ?
5、6回か? 私は🚗で安全面をサポートする側で参加してます。

今回は春季大会やテストが近いということもあり、出席者が少なーい😱
中2が2名、小6が1名の参加率20%
大丈夫か?!💦

 

image

「行ってらっしゃーい」
朝の8時に草津を出発し、琵琶湖大橋を渡り、時計回りに進みます💨

 

 

image

白髭神社で、無事完走🚴できますように‥とお祈りして昼食🍙

 

 

image

もう少し休んでいたい大人を尻目に、子どもはもう自転車にまたがってるやないか〜い💦

 

 

 

image

いつもトイレ休憩でお世話になっていた、

しんあさひ風車村はリニューアル工事の為30年3月31日までお休み‥(-。-; 残念!!

 

 

image

マキノサニービーチ通過‥

 

 

image

ようこそ、海津大崎へ

(この写真は夕方に撮ったものなので陽が傾いています)

 

 

image

午後2時半

約80㎞走り

本日の野営地、海津大崎キャンプ場到着!

 

テント1張 500円
車、バイク 500円
と、大変良心的な料金設定の為
利用者が多い💦
先着順の為、いつも空いてるかどうかヒヤヒヤします。

 

この日は、子どもの利用は私達だけ・・
カヌーを楽しむ人や、ライダー‥など、オシャレな大人ばかりでした(^.^)
アウトドアやバイクの雑誌に載ってるみたいな感じ✨

 

中に同年代の女性ライダーがいたんですよ。
フルカウルのNINJYAにキャンプ用品積んでカッコよかった。
ああいうのに憧れて、

若い頃に中免(今は中免とか言わないのかな?)取ったのに、
教習所で倒れたCBR400(とにかくよく転んだ。バックミラーとライトカバーを何個割ったか‥😜)を

何度も起こすうちにギックリ腰がくせになって、

結局ペーパードライバーのまま(-。-;

 

 

image

優雅なオシャレ大人を横目に、

 

 

image

自転車の修理と整備を教えてもらったり、

 

 

image

ロープワークを教えてもらったり‥

 

 

image

美味しくご飯を食べたり‥

 

 

image

夕暮れの琵琶湖をぼーっと眺めたり‥

で、1日目は終わり⛺️💤

 

 

2日目、6時に起床

朝ご飯食べて‥

 

image

お隣さんは早朝からカヌー

 

 

image

さっさと徹営して

 


image

はい、8時に出発🚴

2日目は距離も約100kmと長い上に、
坂がキツイぞ、がんばれ!

 

 

image

かわいいもの、見っけ!
木之本に、かわいい信号🚥がありました。
カプセル型信号機というのですね。
着雪防止カバーがついてます

 

 

image

またまた、かわいいもの見っけ!

道の駅湖北みずどりステーションには、
建物の外にも中にも
ツバメの巣がいっぱい(^o^)
親鳥がエサを持って来ると、凄い勢いで鳴きます。
ん〜~
小さな巣にギュウギュウやん。
親鳥と変わらないくらいの大きさやし。
「あんたたち、そろそろ巣立ちなさいよ」と、
同じく写真撮ってた知らんおばちゃんと
説教してきました(笑)

 

 

image

長浜城通過‥

 

彦根市松原水泳場の松原の日陰で
コンビニ🍙を頬張り(昼食)‥

 

 

image

キツイ日差しを受けながら、
ただただペダルをこぎ続けて

 

image

午後5時半、草津に無事到着🏁

 ビワイチ、約180㎞完走!

 

中2と小6、

体格差と体力差、自転車の大きさも違う為、

どうなることやらと心配しましたが、

少ない人数がかえって良かったらしく

いつもよりずっとスムーズに進めました。

 

お兄さんたちにくらいついてがんばった小6

様子を見ながら進めて行った中2

よくがんばりました。

 

今回のビワイチ、

大きなトラブルはなかったけれど、

小石に乗り上げハンドルをとられて転んで

ズボンと膝に穴をあけた上

自転車まで壊れて困っていた息子を

「どうした?」と、

助けてくれたロードバイクのお二人に(息子曰く40代?)

に感謝。

 

キャンプ地で費用を安くあげようと、

(ソロテント張るの面倒くさいな、ということもあり)

後ろのシート倒してフラットにして車中泊しましたが、

一人だから広々と快適。

でも、

熊本には、

家族で車中泊が未だに続いてる方々がいらっしゃるんだよな・・・

被災地のみなさんが、

早く不便のない生活ができますように、と願うとともに

もう、いつどこで起こってもおかしくない

地震に備えておかないとね、と

思いながらのビワイチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ