金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

秘密(ではない)結社

2020年9月30日

結社と言えば悪の秘密結社。

昭和の特撮で育った人間です。

 

先日、ひょんなことから知人が結社の構成員だと知りました。

 

『結社の構成員』という単語から、脳裏をコレ

がよぎり、

まさかこんな人畜無害な風体で

こっち側にいる、とか……!?

と、固まってしまったところ

そう思われ慣れているらしい知人が語るに曰く

結社とは「主宰(先生のような立場で、俳人として活動している人)

の元で句会を開く集まり」との事。

 

なにそれ面白そう!

 

その句会とやらに結社末端構成員見習いとして潜入できないかと

企んだのですが、句会に参加するには、方々である程度句を評価

される必要があるらしく。

 

もうそんなん秘密結社やん!

(大の字ふて寝)

 

しかも句を詠むためには俳号がいるらしく。

(諸説あります)

 

なにその謎の風習。そこのところ詳しく。

(身を乗り出す)

 

そもそも俳号 is 何

俳句用の名前で長いものから短いものまで

「好きに名乗っていいけれど、恥ずか死しないように冷静に

考えたものにするように」だ、そうで。

 

そう言われても脊椎反射で思いついてしまったので

もし俳号をつける機会が訪れたならば

 

『三つ食へば 葉三片や 桜餅』

 

をリスペクトしたものにさせてはいただけまいか。

 

センセイめっちゃ甘いもの食べはりますやん。

あ~、でもわかります。桜餅美味しいッスよね~!

私蛮族なんで葉っぱごとムシャア!してしまうんで

アレなんですけどサーセン!

 

と、初めてこの句を見たときに高浜虚子に対して勝手に

キャッキャしてしまったので、一句ひねるときには

 

高 はま子

で昭和感を押し出すか

 

N井虚(ホロウ)

で痛々しさを押し出して

高浜虚子推しを垂れ流した俳号で行きたい草津店N井です。

 

準備中!!

新しく始めるための準備は楽しいことが多いと思いますが

ただ今チケットライフでは

↑↑↑コチラ!

鋭意準備中であります!

 

大きな声では言えませんが……

草津西口店オープンを記念して、チケットライフ全店にて

協賛イベントを実施いたします。

オープンまでのカウントダウンとセールのご案内等、各店インスタグラムにて

ご覧ください!

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ