金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

Art Space にて

2018年10月5日

先月末、リアル脱出ゲーム・アンドロイド工場

からの脱出、に参加する予定が、あえなく台風で

流れてしまいました。自販機部門Mです(´・ω・`)。

わりと大掛かりなものへの参加は初めてだったので、

残念…と思っていたら、すかさず別の企画に誘われ、

近々行くことに🎵頑張って謎を解き、無事脱出して

きたいと思います(* ̄∇ ̄)ノ

 

☆Art Space 寄す処

 

さて今回は、日頃そんな感じで色々なイベントに声を

かけてくれる友人の一人が主催した、読書会の話です。

まず彼女が借りた会場の場所が、こちら京都市下京区

にあります、Art Space 寄す処(よすが)。

 

京町屋を利用した、アーティスト・イン・レジデンス

プログラムを主たる事業とし、貸しギャラリーや貸し

スペースとしても使える施設です。

(Artist-in-residence programとは、各種の芸術制作

を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に

滞在しながら作品の制作を行わせる事業。)

 

町屋のように互いに支えあい、アーティスト・研究者

を含む全ての表現者の寄す処となり、一人でも多くの

方に笑顔をもたらすことを目指しておられるそう。

 

こちらで、先月開かれたのが、食わず嫌い読書会

第二夜 芥川龍之介を読まずに語る

 

本好きな彼女が、私の様に(^^;特にそんなに読書家で

ない人にも、もっと本を楽しんでもらいたい、

そのきっかけになれば…と考えたこの企画。

とにかく読んでなくて大丈夫なので、ハードルが

下がり、とても楽しめましたd(⌒ー⌒)!

 

上の白い模造紙の中には、ある作品の抜粋が書いて

あるのですが、所々虫食いにしてあり、参加者で

異なるワードカードを当てはめて、違う話にして

みたり。

 

芥川にちなんだクイズや人物史も織りまぜながら、

作品から抜き出した言葉のカードを組み合わせて、

ゲーム感覚で新たなタイトルを作って、大笑い

したり。全く面識の無い人で、facebookの告知

を見て興味を持って来た、と参加された方との

交流も含め、とても良い時間が過ごせました。

 

余談ですが、全く別の方の企画で、この場所で

プロジェクターを使って映画を見ると言うイベントに

参加したこともあります。

 

寄す処さんでは、他にも様々なイベントをされて

います。興味を持たれた方は、ぜひ、当店のお得な

チケットで京都まで足を運んでみて下さい!

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ