金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

裏ワザ 「実は、うちの自販機・・・・・」

2016年4月25日

こんにちわ。自販機部門の原田です。

連日、多数のお客様にご利用いただきありがとうございます。

世に自販機は溢れかえっておりますが、当社の自販機はその中でも

特に特殊な部類にはいります。

もちろん、切符を販売している事だけでも特殊といえますが、

何と言っても、一万円札や五千円札という高額紙幣がご利用になれます。

そこで今回は、高額紙幣ご利用時の便利な裏ワザをご紹介いたします。

 

これは便利! 一万円札での購入の仕方

 

IMG_0001

 

紙幣投入口には、

10000円までしか入れられません」

と案内させていただいております。

お札を一万円分入れますと、それ以上は自動的に受け付けない機能があります。

ところが、硬貨を使って入れますと、9990円までしか入りません。

10000円というのは、紙幣の投入に限ります。

ところが、わたくし、この限界を超えてみました。

 

IMG_0004

 

表示は、19990円。

タネ明かしは簡単です。

機能としては、「一万円を超えた時点で入金できない。」ので、

9990円から一気に一万円札を入れると、その時点で超えたことになるからです。

実際の当社の自販機の限界投入額はこうなります。

で、それがいったいどうしたの?という話なのですが、

ここが今回案内の大切な事でして、

 

「お札は、一万円札しかないけれど、小銭は持っている。」

 

というお客様がおられます。お財布の中身に小銭はそんなに増やしたくないものですよね。

そんな時は、「一万円札を投入する前に、先に硬貨を投入して下さい。」

という事です。

これで一万円以上の投入ができて、硬貨の釣銭を減らすことができます。

 

これは無理! 逆両替はできません!!

 

ちなみになんですが、先ほどの9990円を硬貨ばかりで投入すると大変なことになります。

 

IMG_0003

 

一度に入れると詰ります!とご案内いたしております。

硬貨の入れ方によっては、先に入れた硬貨に後の硬貨が追いつき、

狭い通路を塞いでしまう現象が起こります。

こうなりますと、投入した硬貨は読み込まれず、返却レバーを回しても

返金されないという悲劇が待っています。

そんなに硬貨を入れる人はいないと思われるかもしれませんが、

「逆両替」をしようとする方は、けっこうおられます。

例えば、100円玉を10枚入れて、千円札で返金してこないかと・・・

ハッキリ言います。「無理です。」

当社の自販機で硬貨を投入して、返却レバーを回されますと、

読み込まれたままの金種と枚数で返却されます。

これを大量の硬貨でせれますと、更なる悲劇が待っています。

 

IMG_0002

 

写真は、硬貨の返却口です。わかりにくいのですが、硬貨の飛び出し防止の為に

カバーが付いています。当然、外側には開かないカバーです。

そこで、大量の硬貨を返却すると、この小さな返却口に一斉に落ちて来ることになります。

硬貨が返却口の中で山積みになるのです。

外側に開かないカバーは、内側にしか開きません。

おわかりいただけますでしょうか?

返却口のカバーを開けようとしても、硬貨が邪魔になって開けることができません。

返却された硬貨を回収することができなくなります。

どうかご注意下さい。

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ