金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

芸術の秋も楽しみましょう。

2016年9月15日

先月末の話ですが・・・

 

 

京都市美術館で開催されていた「ダリ展」に行って来ました。

 

 

館内に入ってすぐに目に入ったのが音声ガイドのレンタル。
550円と見るとなかなか高いお値段のように感じたのですが、俳優の竹中直人さんがガイドをされているとの事で、迷わずレンタル。
基本的には渋いカッコいいお声で話されているのですが、時々お茶目な可愛い声で話されていたりしてとても楽しめました。
「奇想全開」なダリの作品もかなり楽しかったです。

 

 

グッズ売場にあったアートなTシャツやトートバッグに心惹かれながらも、今は節約をしなければいけないと言い聞かせ断念。

 

 

しかし・・・出口を出た辺りで販売されていた商品の誘惑には勝てず購入。

 

 

以前から探していたものだったのです。

 

 

それは、世界の名画の主役が猫になっている本です。

 

 

もちろん、ダリの作品もパロディになっております。

%e7%8c%ab%e3%80%80%e3%83%80%e3%83%aa

 

 

そして、馬にまたがるナポレオン・・・ではなくプードルにまたがるニャポレオン。

%e7%8c%ab%e3%83%8a%e3%83%9d

 

 

ピカソの大作ゲルニカ・・・ではなくゲルニキャット。

%e7%8c%ab%e3%82%b2%e3%83%ab

 

 

そんな楽しい本を購入したら、好きなポストカードを1枚オマケしてくださるとの事で、迷わず、モナリザ・・・ではなくモニャリザを選びました。

%e7%8c%ab%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88

 

 

可愛いけどなんだか妖怪人間ベラっぽい。

 

 

そういえば、ベラは猫顔っぽい。
猫顔の女性が大好きです。
それは良いとして、私は「妖怪」も大好きです。
いちばん好きな妖怪と言うと・・・
やはり「猫又」でしょうか。
長く生きた猫は尻尾が二股に分かれて妖怪になると言われています。
もちろん「猫娘」も大好きです。
妖怪が好きと言うより単なる猫好きなのではないかという声が聞こえて来そうですが。

 

 

妖怪という存在は、人間の心の闇から生まれたものなのか、それとも、人間の心の闇を癒すために生まれたものなのか・・・
私は後者だと考えているので妖怪が大好きなのです。

 

 

そんなわけで・・・

 

 

次は、あべのハルカスで開催されている「大妖怪展」に行く予定です。

%e5%a4%a7%e5%a6%96%e6%80%aa

 

 

あべのハルカスと言えば天王寺。
天王寺と言えばあべのキューズモール。
あべのキューズモールと言えばコメダ珈琲。
・・・まぁ、コメダ珈琲なんて今ではどこに行ってもありますが。
名古屋にしかなかった時代から、コメダの味噌カツサンドが大好きなのです。
大妖怪展の後に味噌カツサンド、ついでに大阪駅でパブロのチーズタルトを買って帰ろう・・・
そう思うと今からワクワクします。

 

 

最近、チケットライフ草津店ではこういった美術館系??のチケットのお買取も多いです。
レイアウト変更で展示スペースも広くなりましたので、ゆっくり選んで頂けるのではないでしょうか??

%e7%be%8e%e8%a1%93%e5%b1%95

 

 

最後に、どうでも良い個人的な話を・・・

 

 

私のお気に入りバンドの一つであるWHITE ASHの新譜が先月発売されたのですが、ジャケットが二種類あるのです。
通常盤と、最近彼らがエンディングテーマソングを担当している某ゲームのアニメのジャケットと。
せっかくなので、某ゲームのアニメのジャケットの方を購入。

%e3%83%ab%e3%82%b7

 

 

以上、超絶私的趣味に偏ったブログですみません。

 

 

 

Dude(Looks like a lady):草津店

こちらの記事もどうぞ