金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

冬休みのお供に

2017年12月10日

今年のM1グランプリは和牛推し…と書き出して、

ふと気になり履歴を見てみると、去年も同じ様

なことを書いていた自販機部門Mです(^-^;

 

 

12月に入って、各種賞レースや今年の○○などの

話題が流れ始める中、慌ててリースを出しました。

言ってる間に、お子様達にはクリスマス、冬休み…と

楽しいことが、目白押しですね。

 

小学生の頃、普段は忙しくしていた両親が、正月休み

の時だけは一緒にゲームで遊んでくれ、とても楽しか

った思い出が残っています。トランプやぼうずめくり

等と共に、よくやったのが人生ゲーム。

 

子ども時代は、とにかく楽しい♪だけでしたが、

けっこう時間がかかるので、今にして思うと、当時

親はよく付き合ってくれたな…ありがとう、と言う

気持ちになります。

 

THE GAME of LIFE

 

今日は、そんな思い出もある人生ゲームについて、

なのですが、その頃にやっていたものでは無く、普段

あまり目には触れる機会の少ない、アメリカ版のもの

を、少しご紹介したいと思います。

 

まず一つ目は、こちら、2000年前後に、友人

から譲り受けました。(カードは2種類混合)

写真右上の職業カード 警察官 police officer

警官が、ドーナッツかじってます(笑)映画でも

よく見る光景で、お国柄が出ています。

 

ちなみに、何故アメリカの警官と言えばドーナッツ

なのかと言うと、ある時ダンキンドーナッツがお店

の防犯も兼ねて、警官が制服とパトカーで来店する

と、値引きまたは無料にしたことから定番となって

いったらしいです。ただ単にドーナッツ好きだった

から、では無かったんですね(笑)

 

 

Write Great American Novel $30,000など、読んで

いくと英語の勉強にもなります。保険…insurance などの、

日本語でも英語でも、お子さんにはちょっと難しい言葉や

しくみも、まずは楽しいゲームでざっくりと(^-^)/

 

 

こちらは2007年度版。10年前、その頃

国内では入手が難しく、ネットで買物が趣味だった

友人に頼んで、直接輸入したものです。

 

今では国内の通販でも並行輸入で手に入る様ですが、

このバージョンは値が張っているようで、そこまで

かからなかった私は、友人に感謝です。

 

この版には、保険カードは無く、別の趣向として、

long-term investments として、長期投資カードを

最初に買うと、その後そのナンバーのところに

ルーレットが止まる度に、$5,000支給、とか

 

Spin to Win!と言う箇所に止まると、賭ける

要素があったりします。投資はまだしも、

このあたりは、若干教育上どうなのか…は、

ありますが(^-^;、(一応出資上限$50000

まで)ラスベガスなどをかかえる国らしい。

 

極めつけは、LAWSUIT と言う所で、

lawsuitは訴訟!そこに止まると、誰かを訴えてその

プレイヤーから$100,000取ることが出来ます。

さすが訴訟大国アメリカ!!(笑)

(別途払わなくて良い特別なカードもあったりします)

 

版によっては国柄の違いも感じられるし、英語版

日本版、いずれにせよ、毎回少なからずその時代

の世相も反映されているのが、魅力の一つでもある

このゲーム。

 

先日7日には、読売新聞の夕刊紙面にも登場したよう

で。職業の中に、YouTuberなんかもあり、色々興味深いです。

こちらの記事もどうぞ