金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

JSF 納豆

2017年5月15日

皆さん、ご存知ですか?

海外でいま大注目の「ジャパニーズスーパーフード」

今日は日本の食卓文化に欠かせない「納豆」についてお話していきたいと思います。

 

original

 

東京で暮らすアニメーターのボンビーガール我が妹。

彼女にとって主食の一つとなる「納豆」は正に別の意味でのスーパーフード。

そもそも納豆はいつ頃から日本の食卓文化として取り入れられたのか。

色々な説があるらしく、聖徳太子の時代、はたまた弥生時代まで遡ったり、

何れにせよ、日本人は大分昔からお世話になっているわけです。

もちろん体に良い栄養素が豊富で、骨粗しょう症の予防にも繋がったり、

ビタミンB2が多く含まれるので、スポーツをしてダイエットにも効果があるみたいです。

 

remedios-caseros-para-bajar-la-barriga2

 

総務庁の調査によると、世帯別の納豆の購入額は完全に東高西低。

一年間で納豆購入に使う金額といえば、トップを争うのは水戸市を擁する茨城県とお隣の福島県。

もっとも、本場であればダントツトップでも良さそうな…

と思われそうですが、これは「うちで作ってるから」という世帯が多いという事。

なお、これに続いていくのは関東地方の各県、そして東北の各県。

逆に、納豆購入額が低いのは、四国4県と近畿地方の各県。

とりわけ、大阪府と兵庫県の購入金額は最下位争い。

”関西人=納豆嫌い”を証明するかのような結果。

テレビ等で出てくる「関東VS関西」の「納豆は美味い!VS納豆なんぞ食えるか!」はあながち外れてはいないのでしょう…

 

3231d05a15356a7da8d3ff2890c82763-600x315

 

日本のスーパーフード「納豆」

私達日本人の食生活に根付いているため手軽にスーパーで入手でき、

食事に取り入れるハードルもたくはありません。

栄養価も高く他の食材との相性も良い納豆を、是非日々の生活に取り入れていきましょう!

 

納豆を買う前に、チケットライフで、スーパーで使えるお得な商品券はいかがですか?

お釣りが出る商品券もありますので、お立ち寄り下さい。

(なお、売り切れている場合もありますのでご了承下さい)

こちらの記事もどうぞ