金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

あのハリウッド・スターが!!

2015年11月24日

先日、衝撃を受けたニュースがありました。あの米俳優のチャーリー・シーンさんが

HIVに感染していることを公表されました。しかも、これまでにHIV感染に対する口止め料

として1000万ドル(約12億円!!)以上支払っていたというから、さらに衝撃です。

こうした「恐喝、ゆすり」行為から逃れるためにも全てを公表すること決めたようですが、

かなり辛い選択だったと思います。

(しかし、口止め料で12億円も支払えるとは、さすがにハリウッド・スターですね・・・)

 

ベトナム戦争

私がチャーリー・シーンを初めて見たのが、映画『プラトーン』でした。

ベトナム戦争を題材にした映画で、チャーリー・シーンは若い志願兵クリス役として出演されていました。

この映画のリアリティやメッセージ性は、当時まだ中学生だった私の心にも深く突き刺さりました。

「戦争で傷つくのは、いつも青春」という、この映画のキャッチコピーも映画の内容を的確に

捉えていて、とても印象的でした。

トム・ベレンジャーが演じる非道の兵士バーンズ、ウィレム・デフォーが演じる善なる上官エリアス、

その間で自分の生きる道を求めるクリス。生き方はそれぞれ違う中、唯一の共通点は3人共戦争の

犠牲者であるということだけ。分かりやすい配役だが奥が深いストーリーも必見です。

ちなみに、この映画には若かりし頃のジョニー・デップも出演しています。

また、この映画の魅力のひとつとして、1986年に制作された映画なのに、今見ても全く古さを

感じさせない点です。

個人的には、未だにこの映画を超える戦争映画は無いと思います。

 

『7月4日に生まれて』も個人的にかなりの名作です。(この映画にチャーリー・シーンは

出演していませんが)先ほどの『プラトーン』と同じベトナム戦争の映画で、監督も同じ

オリバー・ストーン監督の作品ですが、『プラトーン』が戦場での葛藤を描いた作品に対し、

『7月4日に生まれて』は、ベトナム戦争帰還兵の帰国後の人生を描いた作品になっています。

主役はトム・クルーズです。戦争という「非日常」が舞台ではなく、帰還後の国内という

「日常」が舞台となっており、ある意味、より悲壮感や切実さが伝わってくる作品だと思います。

 

私が名作戦争映画を3本挙げろ、と言われたら、

  • 『プラトーン』
  • 『7月4日に生まれて』
  • 『西部戦線異状なし』

この3本ですかね。次点で『地獄の黙示録』を。

 

戦争映画といえば、「戦争美化」だの何だのと、くだらないレッテル貼りをしたがる人が

少なく無いと思います。戦争はしてはいけない、そんなことは誰でも分かっていることなんですよ。

そうならないように、もしなった場合どう対応すればよいか?そういうことを映画を見て一種の

疑似体験として捉えてみてはどうかと思います。

なので、「何が何でも戦争反対!軍隊反対!自衛隊も反対!」と喚く薄っぺらな平和主義者や

9条信者、「話しあえば何でも解決できる!LOVE&PEACE」と宣う脳ミソお花畑な人達は、

これらの映画を見たところで良さがわからないと思います。(まあ、そんな人達は最初から

見ないとおもいますけどね・・・)

 

そんなわけで(途中、戦争映画の話になりましたが)、HIVを抑制しながらの俳優業は大変かと

思いますが、チャーリー・シーンさんには今後も頑張って頂きたい気持ちでいっぱいです。

 

吉田

こちらの記事もどうぞ