金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

花の力で

2016年6月21日

先日、テレビのバラエティ番組で、俳句が添削をされているのを見ていて、

紫陽花のことを、別名「よひら」と言うのを知った自販機部門Mです(^-^)

 

花弁が四片あることからだそう。一般に花びらに見えているのは萼(がく)で、

調べてみると、花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも

呼ばれるよう。雨でうっとうしいこの季節、その姿を見ると、ふと心が

和みます。

2016b6ajisai

 

 

話しは変わりますが、先週で熊本地震から2ヶ月がたちました。

被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

 

また、今年の熊本のことでさえも、次々と流れてくるニュースの中に埋もれていく中、

 

東日本の震災のことは、さらに報道される機会も減ってきましたが、その傷が

癒えたかと言うと、まだまだ大変なことも多いようです。

 

 

 

ハマナスの挑戦

 

 

この間、友人を介して、一人の女性と出会い、そのことに思いをめぐらせる機会を戴きました。

長澤京子さん…「被災地・石巻市にハマナスを復活させて、商品化し、被災者に生活の糧を!」

と、頑張っておられる方で、今、その基金に賛同して下さる方を募っておられます。

 

もし少しでも興味を持っていただけましたら、こちらへよろしくお願いいたします。

ハマナス基金 

 

※カウントダウンのクラウドファンディングで、

この終了日は、来月、7月13日(水)です!

サポートしていただくと、金額に応じて、リターンもあります。

 

 

 

基金の詳細は、上記リンク先にあるのですが、お会いした時のお話も含め

これより、一部ご紹介したいと思います。

 

長澤さんは、今年、滋賀県から宮城県に移住されました。

東日本大震災の翌年から、ボランティアで石巻市に入っておられ、

 

その体験から、被災者の精神的ケアや、農業などかつて従事していた仕事面での復旧の必要性

を強く感じたとのこと。…津波をかぶり、塩害にあった土地の塩抜きなどは、なかなか進まないようです。

 

長澤さんは、中学・高校の教員を退職後、植物療法士の資格を取得、

大津市民病院緩和ケアで、アロマオイルマッサージのボランティアを10年以上実施、

また、伊吹山の薬草の研究などもされています。

 

そこで、今回のハマナス基金を思い立たれました。

お目にかかった時に、こちらの手作りの冊子をいただきました。

2016b6hamanasu3  2016b6hamanasu4

 

 

<基金の目的>

”東日本大震災の津波被害で植物が作れなくなった塩害の土地に、

もともとあった「シロバナハマナス」を再生しようと考えました。

現在、試験的に畑をつくって栽培していますが、満潮時には、

潮があがってきて、既に3年が経過していますが、大きくなりません。

そこで、山の斜面にハマナス畑をつくろうと、間伐を進めています。

今年の夏には、花を加工して、お茶をつくる予定です。

さらに将来的には、加工して商品化し、被災者の収入源の一部に

なればいいなと思っています。 ”

 

(サポートへのリターンの内容、や、これまでのストーリー、

活動内容、参加方法、他、詳細すべて

上記「ハマナス基金」のリンク先にあります。)

 

かつて石巻市尾ノ崎では、観光地図にも掲載されるほどシロバナハマナスが

群生していました。

ハマナスは、生活習慣病のサプリの原料にもなるバラ科の植物で、

化粧水や石鹸、ジャムなど、薬草を研究しておられた長澤さんには

色々アイデアが浮かんできたそうで、商品化が楽しみです。

 

 

実際お会いしてみて、とても温かいお人柄で、優しいだけでなく

自分の足で、どんどん進んでいかれる行動力のある、とても

素敵な方、という印象でした。

 

気さくにお話でき、私がもらった冊子は、写真の通り、

見出しが上手く出るように、作られているのですが、

これは、パターンがあって、LibraryNAVIと文字を

入れることで、非営利なら、誰でもこれを作っていいんですよー♪

とか教えてもらったりもしました。

 

ご縁があって、この様な活動を知り、気持ち少しでも関わらせてもらったことを

ありがたく思います。いつの日か、ハマナスのだんだん畑を見てみたいなあ…。

 

自分は、これと言ったボランティア活動の経験もなく、

えらそうなことは、何ひとつ言えないのですが、今回の出会いを通じて、

改めて、例えば、折にふれ、少しでも関心を持つ、など、

一人一人が、それぞれに出来ることをやれれば…と思いました。

 

こちらの記事もどうぞ