金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ

WEB買取専用ダイヤル

TEL.0120-969-131

TEL.0120-969-131

株主優待で手に入れる食卓の強い味方〜魚の缶詰・水産加工品

2017年7月25日


サバ缶や、サンマの蒲焼きなど。オカズにもおつまみにも使える魚の缶詰はとても便利ですね。今回は魚の缶詰や水産加工品がもらえる株主優待を紹介します。

1.新石巻工場が稼働開始したマルハニチロ

まず、最初に紹介するのが「マルハニチロ(1333)」です。

 

国内に強固な流通網を持つ水産最大手の会社です。
 
「マルハニチロ」と言えば、冷凍食品でもお馴染みの会社ですが、「冷凍食品事業における最新鋭の基幹工場『新石巻工場』が稼働開始」との旨が、2017年4月7日付けのプレスリリースで発表されています。
 
こちらは2011年東日本大震災以来、大幅に規模を縮小して操業を継続してきた旧「石巻工場」の後を担うべく作られた最新鋭の工場ということで、私も応援したい気持ちが高まります。
 
この新工場設立に当たってこんな記事が産経ニュースに掲載されていました。
 

おばちゃんの技は「宝物」 何としても雇用守る マルハニチロ石巻・工場長の奔走
http://www.sankei.com/affairs/news/170519/afr1705190045-n1.html
>現地再建されたマルハニチロ新石巻工場。今年4月に操業を始めた。設備は最新鋭に変わってもおばちゃん従業員は変わらない

 
思わず冷凍食品のいかの天ぷらを大量買いしたくなるような記事ですね。
 
「マルハニチロ」の株主優待は100株以上保有でもらえる「缶詰・のり・ソーセージ等5点より1点選択可能な自社グループ取扱商品」です。
 
一番気になるのが「水産缶詰詰合せ」なのですが、こちらはギフト用のようで、高級感のある見た目で、「まるずわいがに」「からふとます」「まぐろ」などが詰め合わされているようです。
 
そう、缶詰は日常的にも便利ですが、贅沢品としての側面もありますよね。
 
2017年6月後半現在で「マルハニチロ」の株価は3,100円台前半。優待獲得最低額は31万円強です。

2.マダコの完全養殖の技術構築に成功した「日本水産」

続いて紹介するのは「日本水産(1332)」です。
 
こちらも水産品冷食の大手として有名ですね。最近はドリンクやサプリなどにも力を入れています。
 
平成29年2月21日に新たに株主優待制度を開始することが発表されたばかりで、今年の3月が最初の優待権利確定でした。
 

>対象の株主様には、7月初旬にご案内いたします。
http://www.nissui.co.jp/ir/share_information/shareholders_benefit.html

 
とのことですので、ちょうど今頃3月分の優待を獲得された方もおられるかもしれません。
 
優待の内容としては500株以上保有で3,000円相当、1000株以上保有で5,000円相当の自社商品で「EPAドリンクまたは瓶詰・缶詰セットより選択」とのことです。
 
写真を見る限りでは、魚の缶詰も入っていましたが、高級路線のものではなく、日常的な感じの缶詰のようです。これはこれでアリです。
 
ところで、この日本水産の株が6月に急騰しました。
 
この要因となったのがこのニュースです。
 

マダコの完全養殖の技術構築に成功
http://www.nissui.co.jp/news/20170608.html

 
この記事によれば、
 

>2016年4月に当研究センターで孵化した成魚由来の卵が2017年4月に孵化して数万尾のマダコ幼生が得られ、極めて困難とされるマダコの完全養殖に成功しました。

 
とのことで、これまで養殖技術の確立されていなかった、タコの完全養殖に向けて大きな一歩が踏み出されました。
 
こういった他社に無い強みにつながりそうなニュースが出ると、株価もあがるものです。
 
2017年6月後半現在で「日本水産」の株価は680円ほど。優待獲得最低額は34万円程です。

3.「だんどり上手」シリーズが好調の「極洋」

続いて「極洋(1301)」を紹介します。
 
「極洋」は水産物を中心とした総合食品会社として、調達・加工・販売までを一貫して手掛けている会社です。
 
最近では給食事業者に向けて、魚の切り身を、骨なし、皮なし、フライ用の粉付きなどに、あらかじめ加工した「だんどり上手」シリーズが好調です。
 

「だんどり上手」シリーズ
https://www.kyokuyo.co.jp/product/dandori.html

 
「極洋」の株主優待はこれまで、100株以上保有で5,000円相当の自社製品がもらえるものだったのですが、単元の変更などがあったため、18年3月以降は100株以上300株未満の株主には自社製品2,500円相当、300株以上の株主には6,000円相当の自社商品がもらえる形へと変更されます。
 
今後の優待の商品の内容がどうなるかはわからないのですが、これまでは缶詰の詰め合わせで、「シーマルシェ」というブランドの「さば味噌煮」「本ずわいがに水煮」「紅鮭水煮」などが、もらえる優待であったようです。
 
これまでは高級路線のセットだったようですが、今後はどうなるでしょうか、注目です。
 
2017年6月後半現在で「極洋」の株価は3,100円台前半、優待獲得最低額は31万円強です。
 
以上、今回は魚の缶詰や水産加工品がもらえる株主優待を紹介しました。株価自体は日々変動しますし、株主優待の内容も変更の場合があります。株式購入の際には、細かい内容について、ご自身で証券会社のサイトや、企業IR情報をご確認ください。

株主優待券の高価買取なら金券ショップチケットライフ

こちらの記事もどうぞ