金券ショップ・チケットショップ 金券ショップ チケットライフ
  • WEB買取専用ダイヤル
  • TEL.0120-969-131
  • TEL.0120-969-131
  • 2017年2月オススメ株主優待銘柄

    2017年2月1日

    img_201702recommend01
    証券会社のサイト等で検索数閲覧数の多い銘柄の中から、私の投資経験上、興味深いと思った注目銘柄を紹介します。今回は2月に権利確定する銘柄からピックアップしていきます。喫茶店で使える銘柄、お馴染みの飲食店で使える銘柄、お肉のもらえる銘柄、スーパーマーケットで使える銘柄など、様々に選んでみました。

    1.喫茶店で使える優待券

    2月オススメ株主優待銘柄として注目度の高いものは、「コメダホールディングス(3543)」です。

     

    朝食サービスが特徴の「珈琲所コメダ珈琲店」を全国にチェーン展開しているあの会社です。中京を地盤にしながら、今や全国規模に店舗展開をしています。

     

    「コメダ珈琲店」に加えて、今後は、愛知県内で展開している和風喫茶の「おかげ庵」が関東にも出店予定ということで、将来性にも期待が持てます。

     

    コメダホールディングスの優待の内容は、100株以上保有で、「コメダで利用できる1,200円相当の自社電子マネーまたは自社製品詰合」がもらえます。

     

    コメダ珈琲店で提供しているメニューの価格帯から考えてみると、1,200円分というのはかなりお得ではないでしょうか。

     

    同社の経営理念のひとつとして「くつろぎへのこだわり」が掲げられているのですが、1,200円も使えると思ったら、かなりゆっくりとくつろげそうですね。

     

    また、同じく喫茶店関連として「ドトール・日レスホールディングス(3087)」も注目です。

     

    こちらの優待はドトールコーヒーショップで利用可能な自社ポイントカード(1ポイント=1円相当)です。100株以上保有で1,000ポイント、300株以上で3,000ポイント、500株以上で5,000ポイントが得られます。

     

    「ドトール・日レスホールディングス」は、お馴染みの「ドトール」に加えて最近は、一杯ずつ丁寧に淹れたハンドドリップコーヒーにこだわった「星乃珈琲店」や、さらなる新業態「factory&labo 神乃珈琲」を展開しています。

     

    「神乃珈琲」は希少豆を店内焙煎するという高級路線のお店ということで、グループとして着実に進化をしている印象があります。今後の展開に期待します。

     

    2.お馴染みの飲食店で使える優待銘柄

    2月は、全国展開しているメジャーな外食関連の優待が、たくさん権利確定を迎えます。

     

    例えば、こちらで何度か紹介している「吉野家ホールディングス(9861)」も2月に権利確定を迎えます。

     

    その他にも「壱番屋(7630)」は、「カレーハウスCoCo壱番屋」で有名なあの会社です。こちらの優待は100株以上保有で1,000円相当、200株以上で2,000円相当、1,000株以上で6,000円相当、2,000株以上で12,000円相当、の「飲食優待券」がもらえます。

     

    ただし2017年2月期の優待は、決算期の変更の都合で通常の贈呈額の半額となるので、ご注意ください。

     

    それから、長崎ちゃんぽんでお馴染みの「リンガーハット(8200)」も2月に権利確定します。こちらは3年以上継続保有で、「食事優待券(540円)」が、100株以上保有で2枚、1,000株以上で4枚もらえます。

     

    さらに、熱烈中華食堂「日高屋」を経営する、「ハイデイ日高(7611)」も2月の権利確定です。

     

    優待券(500円)が、100株以上保有で4枚、500株以上で20枚、1,000株以上で40枚もらえます。またお米券での受け取りも可能です。

     

    外食されることの多い方にとっては、どれもかなり使い勝手のよい優待ではないかと思います。

     

    3.肉がもらえる優待銘柄

    「柿安本店 (2294)」は、百貨店に精肉、総菜店を展開していることで有名ですね。

     

    こちらの優待はレストラン・お惣菜・和菓子取り扱い店舗で利用できる1,000円相当の「株主ご優待利用券」です。

     

    100株以上保有で1枚、300株以上で3枚…と枚数が増えていくのですが、これが1,000株以上保有となると、さらにグレードアップして、10,000円相当の「柿安グルメフリーチョイス引換券」がもらえます。

     

     

    この引換券でもらえる商品には、「すき焼用松阪牛 580g(わりした付)」「しゃぶしゃぶ用松阪牛 580g(ごまだれ付)」「柿安プレミアムあぐ~しゃぶしゃぶセット 800g(ぽん酢付)」「しぐれ煮詰合せ」と、なんとも美味しそうなものが並んでいます。

     

    それから、食肉等の製造・卸売事業、小売事業、外食事業を展開する「S Foods(2292)」

     

    こちらはあの「こてっちゃん」を製造販売している会社です。

     

    こちらの株主優待は、500株以上保有で3,000円相当の自社グループ製品が、2,000株以上で10,000円相当の国産牛肉または国産豚肉が、もらえます。

     

    肉好きの方はこちらの銘柄にも注目です。

     

    4. スーパーマーケットで使える優待銘柄

    最後にスーパーマーケットで使える優待銘柄を紹介します。

     

    まずは「イオン(8267)」です。こちらの優待は100株以上で3%、500株以上で4%、1,000株以上で5%、3,000株以上で7%のキャッシュバックの得られる「オーナーズカード」です。こちらはもうお馴染みですね。

     

    イオンのように全国規模で展開しているチェーンであれば、どこでも優待が使えて便利です。

     

    でも、ここでちょっと視点を変えて、あえて全国展開していないスーパーの株に注目してみるのも、投資家としてのひとつの戦略です。

     

    例えば、「北雄ラッキー(2747)」は北海道で食品・衣料スーパーマーケットを展開している会社です。

     

    実はこの「北雄ラッキー」は2017年01月06日に発表した17年2月期第3四半期累計の経常利益が、「前年同期比89.2%増」という驚きの決算でした。

     

    2倍近くの利益改善ということです。かなり好調な印象を受けます。

     

    PBRは0.82倍ということで、まだまだ割安です。こういう銘柄を発見するのも投資の楽しいところですね。

     

    この「北雄ラッキー」の優待は、1,000株以上保有で、5,000円相当のJCBギフトカード(1,000円×5枚)です。

     

    北海道にお住まいでない方も、JCBギフトカードならば、地元のスーパーなどのお買い物に使うことができますよね。

     

    また、JCBギフトカード以外に、北海道産直赤肉メロン(2玉組)という優待の選択肢もあります。こちらはこちらで大変に魅力的です。

     

    それから、「平和堂(8276)」は滋賀県で圧倒的シェアのスーパーです。

     

    中国に百貨店を進出していることでも知られています。

     

    こちらの優待は(株)平和堂、(株)エール、(株)ヤナゲン、および(株)丸善の各直営店舗で使用できる「株主様ご優待券」(額面100円)で、100株以上保有で10枚、500株以上で50枚とグレードアップしていき、5,000株以上で500枚がもらえます。

     

    また「ギフト券」での受け取りも、選択可能です。

     

    そしてこの「平和堂」の優待券はWEB予約買取金券の対象にもなっています。

     

    詳しくはこちらをご覧になってください。

     

    平和堂 株主優待券 予約限定買取価格
    http://www.life1.co.jp/webkaitori/yutai/web_heiwado/

     

    以上、2017年2月の注目優待銘柄でした。株価自体は日々変動しますし、株主優待の内容も変更の場合があります。株式購入の際には、細かい内容について、ご自身で証券会社のサイトや、企業IR情報をご確認ください。

    株主優待券の高価買取なら金券ショップチケットライフ

    こちらの記事もどうぞ